男性型脱毛症で使われるミノタブと脇毛の関係

基本的な男性型脱毛症の治療薬は、プロペシアとミノキシジルになります。この成分は唯一といっていいほど、薄毛に効果があり、男性型脱毛症の治療で用いられるべき医薬品であり、多くのクリニックがまずこれらの医薬品を処方するほどの有名な医薬品です。プロペシアな内服薬であり、ミノキシジルは外用薬が基本的な位置づけになっていますが、新しい治療方法ではミノキシジルは内服薬という位置付けを行っています。いわゆるミノタブになります。

このミノタブは男性型脱毛症の治療方法として認可されていない方法になり、あくまでも自己責任のもとで服用する医薬品になっています。ミノタブという名目で処方する男性型脱毛症の専門クリニックは少なく、当院が開発した医薬品という名目で処方しているところがほとんどのいわくつきの医薬品です。しかし効果は外用薬と比較しても高く、多くの人が発毛効果を実感したという報告が相次いでいることで評判です。その評判な医薬品は、効果がある一方副作用も強いことで有名であり、多くの方が動悸を感じています。使い続けることで軽減する副作用になっていますが、無駄毛が増えるという副作用もあり、こちらは継続して起こる副作用になっています。

もちろん脇毛もその作用を受ける場所です。男性のシンボルのようなものでもある脇毛の量が増えることもあります。また脇毛だけではなく、すね毛や腕毛等あらゆる場所から生えてくるのがこのミノタブの副作用です。女性も自己責任で服用している人も多く、女性だけ例外な訳もなく、あらゆる場所のムダ毛が濃くなるという報告が多いです。あくまでも服用するのはすべて自分の責任になりますので、その覚悟を持って服用してください。