アーカイブ | 4月 2016

  • 頭皮を健康に保つことで男性型脱毛症を防ぐ

    男性型脱毛症を予防したいと考えたら、頭皮を清潔に保つ事が重要になってきます。頭皮が汚れている、多くの皮脂で覆われているという状態の場合、健康な髪の毛が育ちにくい状態となってしまいます。ですから、健康で丈夫な髪の毛を育て、男性型脱毛症にならないようにしたいと考えたら、シャンプーや、髪の毛の洗い方を見直しておく事が大切です。頭皮を健康に保つ事を考えた場合、洗浄力の高いシャンプーを使って清潔さを意識する事が重要と考える人は少なくありませんが、洗浄力が高過ぎるシャンプーの場合、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまう事になります。皮脂は良くないものと考える人は少なくありませんが、必要がある為、分泌しているもので、シャンプーによって落とし過ぎると、頭皮は皮脂不足を感じてしまう事になります。皮脂不足を感じた頭皮は、足りなくなった皮脂を補う為に、より多くの皮脂を分泌し、頭皮に多くの皮脂がある状態を作ってしまいます。皮脂が増えると、毛穴が詰まりやすい状態となり、健康な頭皮とはいえない状態になってしまいます。ですから、男性型脱毛症を予防したいと考えた場合、髪の毛の汚れは落としても、皮脂を落とし過ぎないアミノ酸系シャンプーを選ぶようにする事がお勧めです。アミノ酸系シャンプーは頭皮に負担が少ない状態で髪の毛を洗う事が出来るという特徴もあり、それにより頭皮を健康に保ちやすい状態を作る事が出来ます。男性型脱毛症の原因は様々で、男性ホルモン等が影響する事もあります。ですが、まず出来る予防をしておきたいと考えるのであれば、シャンプー等を見直す事で頭皮を健康に保ち、良い髪の毛が育ちやすい状態を維持しておく事がお勧めです。
  • 男性型脱毛症に効果のある食べ物

    もしも、頭部の頭頂部や額の生え際の髪の毛が薄くなってきたかもしれないと感じるようになった場合は、男性型脱毛症を発症している可能性があります。この男性型脱毛症は、身内の中で薄毛の人がいる人は特になりやすいといわれていますから、家族の中などで薄毛の人がいる人は男性型脱毛症である可能性がより高くなるとも考えられます。そこで、最近では男性型脱毛症の症状の進行を抑える薬を服用することで、薄毛の進行を食い止めることができるようになりました。しかし、薬の力では、薄毛の進行は止めることができても、薄毛になった部分を再び濃くて太い髪の毛に回復させていくことができるかどうかはわかりません。ですから、薬による治療だけではなく、食べ物にも気をつかうことによってより薄毛の改善を目指していくことができるようになります。では、具体的にどのような食べ物が男性型脱毛症に対して有効なのかというと、タンパク質、ミネラル、ビタミン、亜鉛などを挙げることができます。タンパク質については、髪の毛の成分はほとんどがタンパク質でできているので、タンパク質を多く含む食べ物を積極的に食べることが重要になってきます。例えば、肉や魚、豆類には多くのタンパク質が含まれていますから、炭水化物中心の食生活であれば、タンパク質を多く取り入れる食生活に代えるとよいでしょう。ミネラルについては、髪の毛の成長をサポートする役割として大事な栄養素となっています。ミネラルは野菜や果物に豊富に含まれているので、食事の際はなるべく野菜も食べるようにします。ビタミンについては、特にビタミンB群がタンパク質の吸収をよくするといわれているので、ビタミンBが含まれる食品を積極的に食べるとよいでしょう。亜鉛については、タンパク質の合成を促す重要な栄養素なので、毎日取り入れていくことが理想です。